新車コーティングの必要性と注意点について


新車購入した車に、コーティングは必要なのでしょうか?新車を購入した多くの人が疑問に思うでしょう。特にディーラーで執拗にガラスコーティングを勧められ、何となく不信感を感じた人もいるのでは無いでしょうか?

新車にガラスコーティングは必要なのか?

カーライフのスタイルにもよりますが、カーコーティング.TOKYOのページを見ていくださっているあなたなら答えはYESです(笑)
あなたの新車に磨きとガラスコーティングを施工することで、愛車がより美しく輝くことをお約束します。

なぜ、新車にコーティングが必要なのか?

ここで、新車の定義についてお伝えしたいと思います。お客様は、当然「新車」で車を購入すれば、出来立てほやほやのそれこそ工場から出庫された状態のものが手元に届くとお思いになるはずです。ところが、実際はそうではありません。

新車の定義は、陸運局に届け出て、最初に登録されるまでの期間のことを言います。
一度登録してしまえば、後は「中古車」となります。(走行距離が少ない場合は「新古車」と呼ばれることもあります。)

つまり「新車」とは、あくまでも登録したか、していないかと言う区別をするための呼称
であり、出来立てほやほやの「新しい車」であるとは限らないと言うことなのです。

完成した車は一度「プール」され、陸運局での登録を待ちます。プールされる期間は車種により様々ですが、長いものは何ヶ月も保管されます。この期間に車は雨ざらしによるダメージや、紫外線、酸化によるダメージを受けていきます。また、輸入車に関しては海外からの輸送期間中のダメージも心配です。

ちなみに、ディーラーコーティングは磨きを行わずにダメージが蓄積したボディの上にそのままガラスコーティングを施工します。

私達が考える新車コーティングについて

「ラインアウト」と言う業界用語があります。「ラインアウト」とは車両工場における塗装工程の「ライン」を出た直後のボディの状態を言います。

ラインアウトの状態が100の状態で、この直後から時間の経過とともに太陽から浴びる紫外線や、外気に含まれる様々な物質の付着、酸化が原因で塗装やクリア層は劣化していきます。先程お伝えしたとおり、ラインから出た新車は、あなたの手元に届くまでに多くの時間を経過しています。

新車の磨き、コーティングの意味は、車をこの「ラインアウト」の状態に仕上げることにあります。その上に、ガラスコーティングを施すことにより、「ラインアウト」より更に輝きのある状態でお客様のお手元に愛車を届けるのです。

つまり、新車のコーティングには、磨きが必要不可欠で、磨くことでようやくあなたの想像する新車の状態になるのです。

「ラインアウト」の状態と軽々しくこの言葉を漏らしてしまいましたが、この状態まで仕上げるには、技術と時間が必要です。しかし、時間をかければかけるほどコストとなってお客様の負担となってしまいます。プロフェッショナルの技術者として、私たちは常に質の高いサービスをより短納期でご提供できるよう知識と技術を磨いております。

コーティングのメニューをご覧になりたい方はこちら

新車コーティングの種類について

コーティングと言っても、様々な種類が世の中には存在します。
どのように選べば良いのでしょうか?

最近、私はスマートフォンを新型機種に変更しました。
たとえば、画面保護フィルム一つにとっても、その種類の豊富なこと。硬度を謳っているもの。薄さを謳っているもの。素材を謳っているもの。目にやさしいと謳っているもの。
コーティングも同じように様々な種類が存在し、性能もそれぞれです。

自分のニーズにあったものはきっと有るはずですが、それをぴたりと選び出すには知識をつける必要があります。今回は大まかなコーティングの種類について解説します。

コーティングの種類を大きく分ければ、

  • ガラスの皮膜(ケイ素やシラン化合物)をボディに施工する「ガラスコーティング」
  • ポリマー樹脂(フッ素やアクリル)の皮膜をボディに施工する「ポリマーコーティング」
  • ワックス(カルナバろうやシリコン)の皮膜をボディに施工する、いわゆる「ワックスがけ」

の3つになるかと思います。

それぞれに特徴とメリットデメリットがあります。

なにを基準に選ぶかと言えば、あなたと愛車とのカーライフ、そのスタイルによります。

毎週、洗車して常に手をかけられる状況なのか、1ヶ月に1度、じっくりやる派なのか。

撥水が好きなのか、親水が好きなのか。艶々がいいのか塗装の素の輝きがいいのか。

カーコーティング.TOKYOではガラスコーティングをおすすめしています。
持続性で言えば、ガラスコーティングが圧倒的です。またより輝きを求める方にはガラスコーティングの上にカルナバワックスを重ね掛けすることをご提案しています。

艶で言えば、カルナバのワックスは最強です。ポリマーコーティングはカルナバワックスと比較すると平坦な光り方といわざるを得ません。ガラスコーティングは、自ら艶を放つ性質を持っていないためカルナバワックスで光沢をプラスするのです。

施工の手間で言えば、シリコンのワックス(いわゆる水ワックス)やポリマーの缶スプレータイプが簡単ですが、研磨剤が入っていたり、内容物に何が使われているかを把握しきれないため非常にリスクが高いといえます。

ディーラーで新車コーティングをするメリットとデメリット

ディーラーで新車コーティングを施工するメリットには、以下のような事が言えると思います。

  • 費用がオートローンに組み込める。
  • 値引きの際に交渉すれば、コーティング代金が実際にはかからないで済むかもしれない。
  • 大手ブランドとしての安心感がある。

ディーラーで新車コーティングを施工するデメリットには、以下のような事が言えると思います。

  • 磨きの工程が無い。
  • 専門の職人が施工する訳ではなく、専用の施工ブースや照明などの設備が無いので、品質が不安である。
  • 保証の内容が不適切である。

1についてディーラー施工の新車コーティングは、基本的に磨きません。

納車の時点で「新車」と謳っている以上、磨きが必要とはディーラーとしては言えないのです。よって、ディーラーは、「ガラスコーティングをすれば、水洗いだけでワックスがけのようなメンテナンスは必要なくなる」としてコーティングの価値を提供しているのです。
後述しますが、これが「コーティングのメンテナンス不要」という誤った認識を生み出す原因ともなっています。

また3について保証の内容が不適切であると、デメリットの部分で触れました。

ディーラー施工であれ、専門店での施工であれ、実際は使用するガラスコーティングの液剤の耐久性についてはさほど差がありません。
※ただし、カーコーティング.TOKYOでは焼付コーティングを必ず実施するため、焼付と相性の良いガラスコーティングを独自開発しています。
ディーラーが保証するように3年も5年も水洗いだけのノーメンテナンスでガラス皮膜の性能を維持することは不可能です。

では、ディーラーのコーティングの3年、5年保証とは、何を保証してくれるのでしょうか。
とあるディーラーのコーティング保証書の中にこう書いてあります。

「車の塗装に著しく光沢の劣化が見られた場合は、無償でコーティングの再施工をいたします。」

コーティングのガラス皮膜や性能が残存することを5年間保証するのではなく、塗装の光沢の劣化を5年間保証しています。更には、いざそのような状態になったとしても、保証内容はコーティングの再施工であり、塗装の再施工までは保証していません。
正直、不適切と言わざるをえないでしょう。だからといって、専門店のガラスコーティングがノーメンテナンスで5年持つのかといえば、やはり同じく持ちません。

そこで私たちは、コーティングメンテナンスを強く推奨しております。
メンテナンスを定期的に行えば、コーティング性能を長く維持することが出来るのです。

ディーラーでも、年に1度の定期点検を行っていますが、
それは目視による塗装状態の確認と、水洗いの洗車しか行っていません。
メンテナンスキットが施工時に付いてくる場合もありますが、その中身は汚れ落としのクリーナーと、撥水シャンプー(ガラスコーティング性能が復活したかのように感じる)のセットとなります。

ガラスコーティングの本来の性能、効果を発揮するには、専門店での施工と、メンテナンスの実施が重要といえます。
私たちカーコーティング.TOKYOは、技術、知識、経験、設備、全て揃っている、都内でも数少ないコーティング専門店です。
そして、メンテナンスを通して、お客様からの信頼を頂ければと思っております。

新車コーティングは車売却時の査定に影響するか?

例えば車を査定に出す場合、査定を出す側(売りたい側)は、1円でも高く値を付けたいと思います。
では査定をする側は何を考えて査定するのでしょうか。

実際に中古車販売業者から聞いたお話をご紹介します。
実は、査定者は販売する時に「いくらで売れるか」だけを重視しておりません。

販売価格と同時に、どれくらい手間とお金をかければ商品として成立するかを考えています。中古車販売の値付けは、販売業者の意思、希望でそう易々と付けられないのです。
年式、グレード、距離数で、大抵相場が決まっているからです。

特にインターネットで車を選ぶ今の時代は、価格で勝負する部分が大きいようです。

また、買い付けの相場もあります。他店より安く査定すれば負けてしまいます。
ですので、以下に手間とお金をかけずに商品として販売できるかを重視します。

そこには、当然ボディの状態も関係してきます。傷や塗装の劣化はもちろん、洗車の手間も経費として算出します。

中古車と言えど、綺麗な状態で並べなければ回転にも影響するので、洗車には業者を使うことも多くあるようです

また、ボディが綺麗と言うことは、点検、整備、乗り方にも意識が高いと判断できる、と思われます。大事に使っていたのだなという印象を与えることが出来るので、綺麗な車は、査定も有利なようです。

You may also like...

まずは気軽に相談してみる

相談してみる

お電話でのご相談も受け付けています!

042-311-2600

※お電話は京南オートサービスにて承ります。